ハゲタカ

 『ハゲタカ』は、2004年に刊行された、作家・真山仁による経済小説。続編として『ハゲタカII』(2006年)が刊行された他、これら2作を原作として2007年にNHKでテレビドラマ 『ハゲタカ』が、2009年には映画『ハゲタカ』が製作された。

 主にバブル崩壊後の1997年-2004年(『ハゲタカ』)と2005年-2006年(『ハゲタカII』)の日本を舞台としている。本2作品は、当時「ハゲタカファンド」と呼ばれた、短期的な利益獲得のみを目的とした投資ファンドと、それを取り巻く人や金を描いている。

  この作品に登場する架空の企業のそれぞれモデルになった企業は以下のとおりである。 このことは、読者が本2作品に親しみやすくする効果を持っているが、作品中に書かれている記述はあくまで架空のものであることに留意が必要である。

  • 三葉銀行 - 三和銀行
  • ミカドホテル - 金谷ホテル
  • 太陽製菓 - 東ハト
  • 足助銀行 - 足利銀行
  • 鈴紡 - カネボウ
  • 月華 - 花王
  • シャイン - キヤノン
  • 曙電機 - 富士通
  • ゴールドバーグ・コールズ - ゴールドマン・サックス
  • KKL - コールバーグ・クラビス・ロバーツ
  • プラザ・グループ - カーライル・グループ
サブコンテンツ

↑go to top