M&A

 M&Aは「Mergers and Acquisitions」の略語で、企業の合弁・買収と訳される。狭義では2つ以上の会社が一つになる合併と、ある会社が他の会社を買う買収を意味する。広義ではそれに加え、業務提携・資本提携・合弁会社設立(ジョイント・ベンチャー)などの提携も含む。

 M&Aの目的として、事業承継問題・後継者問題の解決、新規事業への参入の足がかり、経営資源の補足、事業の拡大・再構築、経営権の譲渡、経営不振状態の企業の救済などが挙げられる。日本企業が日本企業を買収することを「In-In」、日本企業が外国企業を買収することを「In-out」、外国企業が日本企業を買収することを「Out-In」と言う。

サブコンテンツ

↑go to top