事業承継とは

事業継承とは、現在の経営者が高齢化した為に会社の経営と株式を他の誰かに引き継ぐことです。hikitugi 譲渡される内容には、経営のトップとしての経営権と株式も含まれています。 経営と株式の両方が承継されることで、会社の事業承継が完了します。その為、高齢化をしている経営者からは注目が高く、成立を目指すオーナー経営者も増えています。 経営の承継とは、会社社長の地位を自分以外の誰かに引き継ぐことで、内容には会社の事業の方向性や方針決定の立場、会社の体制全てが含まれています。 つまり、従業員も会社の取引先企業の情報も承継します。最高責任の部分を承継するので、中小企業の場合は現在のオーナーの家族や親戚が承継することがあります。 しかし、引き継いだ親族には、会社経営のノウハウがない為に会社が危機的状況に陥ることもあります。その為、親族に承継する場合には、オーナーが高齢化する以前から社内教育を施し会社のノウハウを引き継ぐ必要性があります。 株式の承継とは、会社の経営的部分の柱の株式を現在のオーナーから後継者へ譲渡することです。事業がスムーズに後継者に移行することを考慮して、従業員に事業承継を行いたいと考えるオーナーもいます。従業員は親族よりも会社経営のノウハウを理解しているからです。 しかし、株式の買い取り資金が従業員には用意することが難しくなっています。
サブコンテンツ

↑go to top