事業承継の準備

事業継承の準備をしていく中で、大きなテーマ2つに関して、対応方法を考えていきたいと思います。 1つ目の相続時の問題ですが、そちらをもう少し詳しく見てみると、相続税額トータルの問題と、遺産分割の問題があります。相続税額トータルに関しては、会社の業績が好調であればあるほど、総額としての相続税額は上昇しますので、その税額を減らす方法、納税する手段を検討する必要があります。詳細2つ目のポイントに関しては遺産分割の問題があります。遺産分割の問題としては兄弟が複数いて、一部の子供のみ承継に関わっているケースが最も大変です。遺留分という最低限は全員の子供が受け取れる相続想定の金額がありますが、これを打ち消して、会社を継承する子供に集中的に財産分与をしていく必要があります。2点目の従業員の雇用継続に関しては、経営者によっても大きく考え方が異なる部分だと思いますが、新しい社長がきて、当然新しいやり方、新しい事業になると、今いる社員も変えることには当然抵抗があり、また新事業では業務遂行ができない、というケースもあるかと思います。よって、社長が変わったタイミングで突然大きく変えるよりも、少しずつ少しずつ元の社長の段階から変え始めることができるか?ということが、最も大きな課題と考えられます。特に成功していて、都市をとった社長はもう考え方を変えることが難しく、後継者の意見に耳を傾けられるか?ということが最も大きな成功の要因になります。
サブコンテンツ

↑go to top