M&A仲介企業の比較

M&A支援企業

 高齢化が進むにつれて後継者不足が深刻化し、M&Aを活用して事業承継(事業譲渡、事業譲受)を行うことをお考えの中小企業の経営者さまが近年増加しています。M&Aを支援する企業・団体としては、銀行、証券会社、商工会議所、会計士・税理士、M&Aブティックなどが挙げられます。

 銀行、証券会社、商工会議所は、売値が10億円規模の大型案件や上場している大手企業を対象としているため、中小企業の場合だと対応してもらえないケースが多々あります。しかし、従業員が少ないため後継者として素質のある人材がいない、ご子息は大手企業に就職しているため後を継いでもらえないなどの理由から、後継者不足が深刻化しているのは中小企業なのです。実際に商工会議所には300件以上の案件が寄せられていますが、80%以上を年商1億円以下の中小企業が占めています。国内の中小企業にはM&Aの支援が行き届いていないのが実情だったのです。

 そういった銀行・証券会社・商工会議所などが顧客としない中小企業の案件を扱うのが、M&Aブティックと呼ばれるM&A仲介企業(M&A事業者)です。ミドルマーケットと呼ばれる中小型案件を扱うので、より多くの経営者さまにご対応することができます。M&A仲介企業はM&Aアドバイザリーを専門的に手掛けているため、経営者さまのご要望にマッチした企業に将来性を見越した承継をすることが可能です。

 

M&A支援企業 取り扱い案件  寄せられる案件の割合
銀行、証券会社、商工会議所  大型案件 20%
M&Aブティック 中小型案件  80%

 

 そこで、M&Aのセカンドオピニオンという立場にある四谷M&Aセンターが、数多くあるM&A仲介企業の特徴を比較してまいります。

M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
ストライク
クラリスキャピタル
ロシェル

 

▽M&Aキャピタルパートナーズ

ポイント1成功報酬型の手数料

一般的にはM&Aの成否に限らず、一定の初期費用が必要になってきます。しかし、M&AキャピタルパートナーズではM&A成立の終盤にあたる基本合意契約締結まで一切費用がかかりません。

基本合意の締結 中間報酬の発生(成功報酬の10%)
M&Aの成立 成功報酬の発生(成功報酬の90%)

ポイント2M&A独立専業企業

銀行や証券とは異なり、M&Aアドバイザリーを独立専業としています。そのため融資などの取引の制約はなく、顧客の希望に沿ったM&Aを実現できます。

 

会社名 M&Aキャピタルパートナーズ
設立 2005年10月
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
グラントウキョウノースタワー38階
従業員数 43名
ホームページ http://www.ma-cp.com/

 

▽日本M&Aキャピタルパートナーズセンター

ポイント1圧倒的なM&Aの情報量

M&Aを成功させるためには、売り手企業と買い手企業をマッチングさせるための情報を入手することが重要だと言えます。日本M&Aセンターでは、600以上の会計事務所、300以上の地域金融機関、商工会議所、150名以上の専門コンサルタントによって体制が組まれており、多方面からM&Aの情報が集まる仕組みになっています。

ポイント2M&A独立専業企業

銀行や証券とは異なり、M&Aアドバイザリーを独立専業としています。そのため融資などの取引の制約はなく、顧客の希望に沿ったM&Aを実現できます。

 

会社名 日本M&Aセンター
設立 1991年4月
所在地 東京都千代田区丸の内1-8-3
丸の内トラストタワー本館19階
(支社・営業所)大阪、名古屋、札幌
従業員数 200名
ホームページ http://www.nihon-ma.co.jp/

 

▽ストライク

ポイント1インターネットサービス「SMART™」の運営

M&Aに限らず、昨今のビジネスに必要不可欠となったインターネット。その無限の情報量を活用した「SMART™」を他社に先駆けて運営し、幅広い地域の顧客からの問い合わせにも対応できるようになりました。この情報量を駆使して、マッチングの可能性が飛躍的にアップしました。

ポイント2公認会計士が主体の従業員

ストライクのメンバーはM&Aに精通した公認会計士や金融機関の出身者などから構成されています。そのため高度な専門知識やノウハウを活用して、最適なM&Aを提供することができます。

 

会社名 ストライク
設立 1997年7月
所在地 東京都千代田区六番町3番地
六番町SKビル5階
(支社・営業所)札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、福岡
ホームページ http://www.strike.co.jp/

 

▽クラリスキャピタル

ポイント1女性スタッフによる親身な対応

女性スタッフが個別相談をしてくれるので、これまでにない新しい目線でM&Aの提案をしてくれます。女性ならではの心配りと真心をこめたアドバイスでM&Aを成功に導きます。

ポイント2リーズナブルな料金体系

同業他社でも、着手金・中間手数料・毎月の固定報酬などを廃止して成功報酬のみの費用となっているところがありますが、クラリスキャピタルではその成功報酬率そのものが低く設定されています。

 

会社名 クラリスキャピタル
設立 2014年5月
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6
りそな九段ビル5F KSフロア
ホームページ http://clarisc.co.jp/ 

 

▽ロシェル

ポイント1専任のM&Aコンサルタントが担当

豊富な経験を有する専任のM&Aコンサルタントが、M&Aの制約に至るまで一貫して対応してくれます。その時々によって担当者が変わることがないので、疑問や問題が生じた場合、その都度安心して依頼することができます。

ポイント2買い手企業の情報が一定数ある

M&Aを行うには、売り手と買い手の両方がいて初めて成り立ちます。そのため、買収を検討している企業の情報が常時500件あるというのは、事業承継をしたいと考えている経営者さまの期待を応えることが可能です。

 

会社名 ロシェル
設立 1984年4月
所在地 東京都千代田区神田佐久間町二丁目1番 奥田ビル4階
ホームページ http://www.rochelle.co.jp/index.html

 

サブコンテンツ

↑go to top