化粧品・日用品卸のPALTAC、伊東秀商事と合併 生産性向上へ

paltac 化粧品・日用品卸のPALTACは11日、マツモトキヨシホールディングスの連結子会社である伊東秀商事と合併を行うと発表した。この合併は、PALTACを存続会社、伊東秀商事を消滅会社とする吸収合併方式で行われ、伊東秀商事は平成27年10月1日の合併効力発生日をもって解散する予定。

 PALTACは化粧品・日用品や一般医薬品をフルラインで取り扱う中間流通事業を展開している。一方伊東秀商事は、化粧品・日用品などの卸事業を展開している。

 今回の合併は、事業資産・ノウハウの集約、及び中間流通段階における取扱高の増加により、さらなる生産性向上を実現できると判断したため合意に至った。

サブコンテンツ

↑go to top