住友生命、米生保会社を4666億円で買収へ 海外事業の本格化

 住友生命保険相互会社sumitomoは11日、アメリカの上場生命保険会社のシメトラ・ファイナンシャル・コーポレーション(シメトラ社)を買収する手続きを開始することについて、シメトラ社と合意したと発表した。買収価格は約4666億円(約37億3200万ドル)。

 住友生命保険は、アジアでの生命保険事業の経験を活かし、世界の保険料収入の2割を占める世界最大の生命保険市場であるアメリカへの進出について、調査・研究を進めてきた。今回の買収は、シメトラ社が生保のみならず、個人年金保険・団体保険・退職年金などにも強みを持ち、安定的な成長が見込めると判断したため、合意に至った。

 今回の買収合意によって、海外事業からの収益規模が拡大することで収益基盤の多様化が図られると同時に、アジアとアメリカのバランスの取れた海外事業ポートフォリオの構築が可能になる。そのため、住友生命保険の財務基盤・収益基盤はより堅固なものとなるとしている。

 今年に入って、日本生命保険が最大1兆5000億円の買収資金を準備するなど、国内生保によるアメリカ生保の買収が相次いでいる。今後も国内生保の海外展開の拡大が予想される。

サブコンテンツ

↑go to top