土屋HD、連結子会社間の吸収合併 組織再編成へ

tsutiyahd

 住宅メーカーを傘下に持つ持株会社の土屋ホールディングス【1840】は17日、連結子会社である株式会社土屋ホームと株式会社アーキテクノを合併すると取締役会で発表した。

 土屋ホールディングは更なる経営の効率化と原価圧縮が課題であるとの認識から、今回の合併に至った。 土屋ホームは住宅などの設計・施工・販売といった新築部門を主力事業とし、アーキテクノは住宅の基礎及び躯体等の施工を手掛けている。土屋ホームの組織力とアーキテクノの運営基盤を統合することで、職人不足への対応強化・工場との一体化による施工の合理化・一般管理部門の効率化を図り、組織再編成を推し進める。

 合併期日は2015年11月1日の予定。土屋ホームを存続会社、アーキテクノを消滅会社とする吸収合併方式で行われる。合併する両社はいずれも土屋ホールディングの完全子会社であるため、合併による新株式の発行や合併交付金の支払いはないとのこと。

サブコンテンツ

↑go to top