ファミマ、ファーマライズ、ヒグチ産業が合弁会社設立 収益拡大へ

famima 株式会社ファミリーマート【8028】と、調剤薬局を経営するファーマライズホールディングス株式会社【2796】と、ドラッグストアや調剤薬局を展開するヒグチ産業は、2015年4月1日付基本合意に基づき、3社による合弁会社に関して協議を重ねてきた結果、2015年8月18日付で契約締結に至ったと、18日発表した。ヒグチ産業の100%子会社である徳庵商事を受け皿会社とする吸収分割で行う。これにより各社の強みを融合して、収益の拡大と企業価値の最大化を図るという。

 これにより3社は、コンビニエンスストアの持つ利便性と、調剤薬局・ドラッグストアの持つ専門性を兼ね備えた、新たな業態の店舗開発が可能となる。さらに薬剤師・登録販売者など約1,000名に及ぶ人材交流も活発になるとしている。それぞれの事業における各社のノウハウや情報の融合を合弁会社を通じて実現 し、収益の拡大及び企業価値の最大化を目指す。

 基本合意時点では、会社分割(新設分割)により新たに設立する会社にヒグチ産業が営むドラッグ事業を承継することを想定していたが、新設分割による方法と既存会社に吸収分割する方法とを比較検討した結果、ヒグチ産業の100%子会社である徳庵商事を受皿会社としてドラッグ事業を承継する会社分割(吸収分割) によるスキームで行うことが決定した。吸収分割であるとドラッグ事業に必要な許認可のうち会社分割により承継できない許認可の取得がスムーズに行えることや徳庵商事の営む損害保険事業とドラッグ事業が相互にシナジー効果が見込めるなど、手続き面や事業面でメリットがあり、リスクも少ないためだ。そのうえで、徳庵商事が実施する第三者割当による自己株式の処分をファーマライズ及びファミリーマートが引き受けることにより、徳庵商事を合弁会社化する。

サブコンテンツ

↑go to top