堺化学工業、連結子会社間の合併 市場競争力の強化

sakai 酸化チタンなどの化学製品製造・販売する総合科学企業の堺化学工業株式会社【4078】は、2015年7月23日開催の取締役会において完全子会社である大崎工業と大崎工業の完全子会社である博光化学工業(完全孫会社)の合併を決議していたが、同年8月25日の博光化学工業取締役会及び8月26日の大崎工業取締役会において、合併をそれぞれ決議したことを26日発表した。

 堺化学工業は酸化チタンを中心に無機材料製品・触媒製品・電子材料部品などの製造を行い、風邪薬「改元」といった薬品なども展開している。今後は大崎工業と博光化学工業の人員の有効活用と管理業務の統合により、市場競争力を強化し、化成品事業の拡大を図る。

 合併の方式は大崎工業を存続会社とする吸収合併方式とし、博光化学工業は解散となる。効力発生日は2016年4月1日を予定。

サブコンテンツ

↑go to top