キリンHD、ミャンマーのビール最大手買収 新興国開拓へ

kirin キリンホールディングス株式会社【2503】は19日、東南アジア地域統括会社であるキリンホールディングスシンガポール社が、ミャンマーでビール事業を展開するミャンマー・ブルワリー社の発行済株式総数の55%の株式をフレイザー・アンド・ニーブ(シンガポール)から取得したと発表した。キリンホールディングスは日本のビール市場が縮小を受け、新興国開拓を急いでいる。

 ミャンマー・ブルワリー社は、ブランドビールの製造・販売を行うミャンマー第1位のビール事業を展開し、製造拠点のあるヤンゴンを中心とした販売網を通じて、同国全土に事業を展開している。「Myanmar Beer(ミャンマー・ビール)」、「Andaman Gold(アンダマン・ゴールド)」、「Myanmar Double Strong(ミャンマー・ダブルストロング)」が主なブランド。

 キリンホールディングスは、日本のビール市場が縮小する一方でミャンマーが高成長・消費拡大を期待されていることを受け、ミャンマー・ブルワリー社の事業基盤をベースに、新興国での販売網拡大を目指す。今後3年で1.8倍と急拡大が期待できるミャンマー市場で、シェア8割を握るミャンマー・ブルワリー社を傘下に収め、成長の原動力とする。

 残りの株式を保有するミャンマー国軍系複合企業、ミャンマー・エコノミックホールディングスと共にミャンマー・ブルワリー社を経営していく予定。取得株式総数は78,507株で、取得価額は5億6000万ドル(697億円)。

サブコンテンツ

↑go to top