スリーエフ、ローソンと資本業務提携へ向け協議開始 経営強化図る

 コンビニ経営の株式会社スリーエフ【7544】は31日、株式会社ローソン【2651】と資本業務提携に向けて協議を開始すると発表した。コンビニ業界の不況に立ち向かうため、戦略的パートナーシップを組成し、経営強化を図る。

 コンビニエンスストア業界を取り巻く環境が大きく変化する昨今、スリーエフとロ ーソンは従来の取り組みに加えて一層の経営強化が必要との認識が一致し、今回の協議開始に至った。

 今回の提携は、商品等の 共同開発・共同仕入、共同販売促進キャンペーンの実施、その他経営効率を高めるための情報共有などで協業することで、競争力のあるコンビニエンスストア事業に関する戦略的パートナーシップを組成することを目的としたもの。そのためスリーエフとロ ーソンの経営の独立性及び固有の企業ブランド・文化は維持していく。

 今後、スリーエフとローソンの両社は提携の具体的な条件を合意できるように協議していくとしている。資本業務提携基本合意書締結 は9 月中、契約書締結は10 月中を予定しており、 11 月から順次実施していく考え。

サブコンテンツ

↑go to top