東芝と東芝保険サービス、保有のトプコン株を全て売却 財務体質改善へ

toshiba 大手総合電機メーカーの株式会社東芝【6502】は31日、東芝及び子会社の東芝保険サービス株式会社が保有する株式会社トプコンの全株式を売却すると発表した。東芝グループの資産効率化と財務体質の改善に向けた検討の末、今回の全株式売却に至った。

 トプコンは測量・GPSシステム製品を中心とした精密光学機器の製造販売を手掛けている。今回の売却実行によってトプコンは東芝の持分法適用関連会社から除外されるが、トプコンとの協業関係は継続する予定。

 株式売却額(連結)はおよそ500億円~600億円、税引前売却益(連結)はおよそ300億円~400億円を想定しているという。売り出しの方法は、野村證券株式会社とみずほ証券株式会社を共同幹事会社とする引受人が買取を引き受ける。

サブコンテンツ

↑go to top