三井金属鋼業など、九州三井アルミニウム工業の全株式譲渡 実質的な株主移行

mitsuikinzoku 非鉄金属メーカーの三井金属鋼業株式会社【5706】と三井化学株式会社【4183】は1日、日本コークス工業株式会社【3315】などと共同で出資している九州三井アルミニウム工業株式会社の全株式について、日本産業パートナーズ株式会社が中心となって設立する特別目的会社である「ケイエムジェイホールディングス2株式会社」への株式譲渡契約を締結したと発表した。

 三井グループは、1987年のアルミ製錬事業からの撤退によって、鋳造事業部門を残した現在の九州三井アルミニウム工業を1989年に設立し、アルミ鋳造事業中心とした事業運営を継続してきた。今回の株式譲渡は、各社とも経営資源の効率的運用を目指して事業の選択と集中を検討する中で、本業との事業関連性が少ないアルミ鋳造関連事業を、新たなパートナーのもとでより機動的かつ戦略的な事業展開を図ることが、今期からの九州三井アルミニウム工業の新中期経営計画を推進するうえでも望ましいと判断し、国内での投資運用実績が豊富な日本産業パートナーズへ株主を実質的な株主を移行すべきとして、決定したもの。

 株主構成は、三井金属鉱業が34%、日本コークス工業が34%、三井化学が27%、三井住友銀行 が5% となっている。

サブコンテンツ

↑go to top