三井物産、アメリカの食品ベンチャーに出資 植物卵で食品の安定供給

mitsui 総合商社の三井物産株式会社【8031】は2日、植物タンパクの食品ベンチャー企業であるアメリカのHampton Creek., Inc.(HC社)と増資引受契約を締結し、約18億円(1,500万米ドル)の出資を完了したと発表した。三井物産は環境負荷の少ない植物卵で、食料増産と食の安全・安心な供給に貢献していく考え。

 HC社が手掛けている植物タンパクは、鶏卵に替えてマヨネーズなどの食品原料として使用できる植物卵のような特性を備えており、おいしさ・手頃さ・持続可能性のある食品の原料として今後の幅広い用途が見込まれている。HC社は植物タンパクを機能特性、分子特性で分類してデータベース化し、動物タンパクを植物タンパクで置き換えた食品の開発・製造販売を行う食品ベンチャー企業。既に鶏卵の代わりに植物タンパクを使ったマヨネーズやクッキーなどをウォルマートやターゲットといったアメリカの大手小売店で販売している。実際にアメリカのセブンイレブン社では、サンドイッチに使用されるマヨネーズとして供給している。

 三井物産は今回の出資に伴って、様々な食品に使用される卵タンパク・乳タンパクなどの動物タンパクを、環境負荷の少ない植物タンパクによって代替する新しいコンセプトの栄養科学分野に参入し、食料増産と食の安全・安心な供給に貢献していく。また、国内外のネットワークを活用して食品企業等と提携し、HC社の米国事業価値向上や日本をはじめとするアジア地域での植物卵の事業展開を目指す。

サブコンテンツ

↑go to top