ニプロ、アメリカ関連会社を完全子会社化 国内展開強化と事業基盤拡大

nipro 医療機器関連のニプロ株式会社【8086】は、持分法適用関連会社であるアメリカの医療機器メーカーのインフラレデックス社との間で、インフラレデックス社を存続会社としてニプロの子会社が設立した新設会社Nipro Vascular USA Corporationと合併することで、インフラレデックス社をGoodman USA, Inc.の完全子会社とすると、4日発表した。今回の完全子会社化により、国内展開を確固たるものにし、販売網の構築、ひいては事業基盤拡大を図る。

 インフラレデックス社は、1999年にアメリカ・マサチューセッツ州で設立され、NIRS(近赤外線分光法)を用いた血管内リピッドコアプラーク(LCP)検出システムを2009年に世界に先駆けて開発した、血管内イメージングシステム専門の企業。ニプロは、2012年6月に同社製血管内画像診断システム「TVC イメージングシステム」の国内における独占販売権の取得に関する契約を締結し、提携の一環としてインフラレデックス社の第三者割当増資を引き受け、約20%の出資により同社を関連会社としていた。また、Nipro Vascular USA Corporationは、二プロの子会社である株式会社グッドマンの子会社(二プロの孫会社) Goodman USA, Inc.が合併のために新設した。

 ニプロとインフラレデックス社は、グループの一貫した経営方針の下で、中長期的な視点から迅速かつ機動的な意思決定を可能とするためには完全子会社化を図るべきと考え、今回の完全子会社化に至った。今回のインフラレデックス社の完全子会社化により、「TVC イメージングシステム」の国内での展開を確固たるものにするとともに、海外における販売網の構築も視野に入れて事業基盤拡大を目指す。

サブコンテンツ

↑go to top