ファミリーマート、ココストアを完全子会社化 競争力向上と店舗基盤強化

familymart コンビニエンスストアを全国に展開する株式会社ファミリーマート【8028】は、株式会社ココストアの全株式を取得して 完全子会社化すると、8日発表した。今回の完全子会社化によって競争力を向上させ、店舗基盤の強化と経営インフラの効率化を目指す考え。

 ファミリーマートは、国内市場において年間1,000 店舗を超える規模で新規出店を行っており、現在国内約11,000店舗、海外5,700店舗を超える店舗網を構築している。2009年にはエーエム・ピーエム・ジャパンを買収し、国内におけるファミリーマートブランドのマーケットシェアを効率的に獲得してきた。一方ココストアは、全国にココストアチェーンのコンビニエンスストアを約650店舗を展開する。Coco!は東北・関東・近畿を中心としており、RICマートやエブリワンは九州を中心に分布している。

 今回の完全子会社化によって、ココストアのブランドをファミリーマートに順次ブランド転換していき、マーケットシェアを効率的に獲得して競争力の向上を図る。それに伴って、北関東・中部・九州を中心とする店舗基盤を強化するほか、商品や原材料の仕入れ・物流の統合・システム基盤などの間接部門の共有化による経営インフラの効率化を図ることが可能となる。

サブコンテンツ

↑go to top