イーブックイニシアティブジャパン、ブークスを吸収合併 経営効率化と体制強化

ebookjapan 電子コンテンツ事業を手掛ける株式会社イーブックイニシアティブジャパン【3658】は、100%連結子会社である株式会社ブークスを吸収合併する契約を締結したと、8日発表した。今回の吸収合併で、経営の効率化と体制の強化を図る。

 イーブックイニシアティブジャパンは、電子書籍サービス「eBookJapan」で30万冊を超える電子書籍を揃えている。パソコン・スマートフォン・タブレットに対応しており、これまで100万人以上の顧客に累計4,500万冊以上の電子書籍を購入されてきた。一方ブークスは、本、DVDなどの商品をインターネットを介して販売するオンライン書店を運営しており、200万タイトル以上を取り扱っている。

 今回の吸収合併は、イーブックイニシアティブジャパングループのさらなる事業拡大を図るべく、グループ経営資源の集中による経営効率化と体制強化を目的として行うもの。

 合併の方式は、イーブックイニシアティブジャパンを存続会社、ブークスを消滅会社とする吸収合併方式。合併の効力発生日は2016年5月1日を予定している。

サブコンテンツ

↑go to top