ミネベア、スイスのパラドックス社に追加出資で完全子会社化 製品拡販へ

minebea 電子機器事業のミネベア株式会社【6479】は8日、2013年12月2日に資本参加について開示したParadox Engineering SA社(パラドックス社)への、100%子会社とすると発表した。追加出資によるパラドックス社の完全子会社化によって製品を拡販し、売り上げ目標または営業利益目標の早期達成を図る。

 今回の資本参加比率引き上げは、パラドックス社を完全子会社にすることで、2015年3月期決算発表の際に発表した新「5本の矢」戦略のうち、3本目の矢である「照明器具関連製品の拡販」と4本目の矢である「計測機器の売上500億円」をさらに推進するというもの。

 パラドックス社は、革新的なM2M(マシン・ツー・マシン:機器間通信)・ワイヤレス技術・ネットワーク技術を提供しているスイスの会社で、Internet of things(IoT)・急拡大するスマートシティー/スマートグリッドなどの社会インフラ市場・HUMS(Health and Usage Monitoring System)・ホームエリアネットワーク(HAN=Home Area Network)市場・工業用スマートセンサー市場などに注力している企業。パラドックス社が提供するネットワークシステムは、複数の国においてスマートシティー向けプロジェクトの中核システムとして選定されるなど、高い技術力が評価されている。特に、パラドックス社の異なった無線規格をネットワーク言語に置き換え、インターネットを介してそれらを繋げることができる公開された標準的技術は、多種多様な機器間の双方向通信を可能にする最適なネットワーク方式であるとして、世界的に注目されている。

 ミネベアでは、ネットワークに強みを持つパラドックス社を完全子会社とすることで、設備補助事業(JCM)などのスマートシティー向けのワイヤレス街路灯用ドライバー・照明器具関連製品・都市や産業におけるワイヤレスセンサーネットワーク向けの計測器機などの拡販を目指す。さらに、ミネベアの新たな目標である1兆円の売り上げまたは1,000億円の営業利益のどちらかの早期達成をさらに推し進めるとしている。

サブコンテンツ

↑go to top