ワタミ、介護事業売却か 事業ポートフォリオの再構築検討

watami 居酒屋チェーン大手のワタミ株式会社【7522】が介護事業を売却する方向で検討していることが分かった。損害保険大手の損保ジャパン日本興亜ホールディングス【8630】を軸に買収交渉が進んでいるとみられる。現在ワタミは介護事業の売却報道自体は否定しているが、事業ポートフォリオの再構築を検討していることは明らかにしている。

 ワタミは、首都圏を中心に介護付きの有料老人ホームのほか、デイサービスや訪問看護などを展開している。しかし、主力である居酒屋チェーン「和民」で売り上げが減少しており、さらに介護事業も苦戦しているため、経営合理化の一環として不振の介護事業の売却を検討しているものとみられる。

 なお、ワタミの2015年4~6月期決算は営業損益が9億円の赤字。純損益が15億円の赤字で、いずれも前年同期の赤字幅から拡大し、上場以来、過去最悪の水準だった。

サブコンテンツ

↑go to top