鈴茂器工、完全子会社を吸収合併 経営効率化とサービス体制強化

suzumo 食品加工機械製造の鈴茂器工株式会社【6405】は、11月1 日付けで鈴茂器工の完全子会社であるピーケーサポート株式会社を吸収合併する合併契約を締結したと、15日発表した。この合併により、経営効率化とサービス体制の強化を目指す。

 鈴茂器工は、寿司・のり巻き・おむすびなどの米飯にかかわる食品加工機械の開発・製造を手掛けている。正確な計測でお米を握ることができるため、外食産業のニーズに対応した製品開発である。今回の合併は、鈴茂器工グループにおける経営の効率化と営業・サービス体制の強化を図るために行われるもの。

 合併の方式は、鈴茂器工を存続会社、ピーケーサポートを消滅会社とする吸収合併方式。なお、2015年11月1日に合併の実効を予定している。

サブコンテンツ

↑go to top