クレスコ、メディア・マジックを子会社化 ビジネス拡充を図る

クレスコ 情報システム関連事業を手掛ける株式会社クレスコ【4674】は、メディア・マジック株式会社の発行済株式を65%取得して子会社化する株式譲渡契約を締結すると、28日発表した。今回の子会社化により、関西拠点の拡大と企業価値の向上を目指し、ビジネスを拡充する考え。

 クレスコグループは9社の子会社を有する複合IT企業。各社の有機的な連携によって企業のIT戦略立案から開発、運用・保守までをワンストップで、幅広いニーズに応えている。クレスコグループの親会社であるクレスコでは、コンサルティングおよびソリューションサービス業務、設計・開発業務、運用管理・保守業務、調査・分析・評価および技術支援業務を行う。一方メディア・マジックは大阪を拠点としており、システムコンサルティングからソフトウエアの開発、Web制作、プロジェクト支援まで幅広く提供している。

 今回の株式取得は、クレスコグループにおける関西拠点の拡大と企業価値の向上につながるとして合意に至った。今後、グループ各社の持つ販売チャネルやテクノロジーを活かし、付加価値の高いソリューションサービスを実現することで、ビジネスの拡大を図る。

 取得株式数は130株で、異動後の所有株式数は同じく130株と全体の65%を占める。株式譲渡契約の締結日は9月30日、株式譲渡日は10月1日を予定している。

サブコンテンツ

↑go to top