JT、Natural American Spiritの米国外たばこ事業を買収 競争力強化、持続的利益・ブランド成長

JT 日本たばこ産業株式会社(JT)【2914】は、米国Reynolds American Inc.グループ(レイノルズグループ)との間で、Natural American Spiritの米国外たばこ事業に係る商標権と、レイノルズグループ傘下の同ブランドたばこ商品の販売会社である米国外子会社9法人の全株式を含むNatural American Spiritの米国外たばこ事業を取得することについての契約を締結したと、29日発表した。譲渡価格は約6000億円。今回の買収によって、競争力の強化、ブランド成長の加速、長期にわたる持続的利益成長の実現を目指す。

 Natural American Spiritは、Santa Fe Natural Tobacco Company Inc.が、1982年よりアメリカで製造・販売を始めたたばこブランド。高品質な葉たばこを贅沢に使用した無添加のたばこ商品として、独自のブランド世界観を確立し、アメリカをはじめ日本・ドイツ・スイス・イタリア・スペイン・イギリスなどにおいて着実に販売を拡大してきた。中でもNatural American Spiritの米国外における販売数量の過半を占める日本においては、 顧客から幅広い支持を獲得し、販売数量を著しく成長させている。

 今回の買収によって各市場の高価格帯で強いプレゼンスを持つNatural American Spirit を取得することができ、JTグループのブランドポートフォリオを拡充し、競争力の強化を目指す。さらに今回取得する事業会社であるレイノルズグループとJTグループが持つ相互の強みを最大限に活かすことによって、Natural American Spiritのブラ ンドの成長を加速させていく考え。JTグループの最重要市場の一つであることに加えてNatural American Spiritの米国外における過半の販売数量を占める日本においては、今回の買収は長期にわたる持続的利益成長を実現するための事業投資の一環と位置づけている。

 事業譲受日は2016年初頭を予定している。また、今回取得する事業会社については、その強みを最大限に活用する観点から現在の事業運営を継続していく予定としている。

 

サブコンテンツ

↑go to top