ダイドードリンコ、トルコのユルドゥズ社の飲料製造子会社3社を連結子会社化

DyDo ダイドードリンコ株式会社【2590】は、トルコ共和国の大手食品グループである Yildiz Holding A. Ş.(ユルドゥズ社)の保有する飲料製造子会社3社の株式の90%を取得して連結子会社化すると、24日発表した。今回の連結子会社化により、ダイドードリンコはトルコのでの事業拠点、ラインアップの強化、トップクラスの飲料ブランドを獲得することができとしている。

 トルコのGDPは中東地域において最大であり、OECD加盟国の中でも経済発展が著しく、2016年の名目GDPの成長率は10.5%が見込まれている。この成長率はインドに次ぐほどで、トルコでは現在も活発な消費活動が行われていることから、今後も持続的な経済成長が期待されている。そのためダイドードリンコは、人口拡大と国民の旺盛な消費活動に支えられていることから、トルコの飲料市場は今後も成長が続くものと考えている。

 ユルドゥズ社は、世界第3位のビスケット事業や世界第10位のチョコレート事業を有するトルコ最大の大手食品グループである。ダイドードリンコは、ユルドゥズ社が保有する飲料製造子会社3社の株式を取得して連結子会社化することで、各子会社が保有する8つの飲料ブランドを入手することとなる。この連結子会社化により、ダイドードリンコはトルコにおける事業拠点とトップクラスの飲料ブランドを獲得する。また、ダイドードリンコの飲料製品開発力やノウハウを生かし、コーヒー・茶系飲料・エナジードリンクなどを投入してラインアップの強化を図ることで、成長が続くトルコ市場で製品競争力を高め、企業価値の最大化を目指す。

 取得価額は3億3500万リラ(約133億円)。契約完了日は2015年9月下旬、株式取得完了日は2016年1月~2月頃を予定している。

サブコンテンツ

↑go to top