東芝、不動産開発の関係会社の株式の一部を野村不動産HDへ売却

toshiba 大手総合電機メーカーの株式会社東芝【6502】は、保有するNREG東芝不動産株式会社の株式の一部を現在の提携パートナーである株式会社野村不動産ホールディングス(野村不動産HD)に売却すると発表した。売却日は9月30日を予定しており、売却額は約370億円とのこと。株式売却によって、グループの資産効率と財務体質の改善を図る考え。

 東芝はキャッシュフローを基軸とした経営を推進しており、グループの資産効率および財務体質の改善を目的として、今回の売却を行うに至った。

 今回売却するのは、発行済株式総数の30%の6万3200株。売却による保有割合は、野村不動産HDが95%、東芝は5%を保持する。そのため野村不動産HDとの不動産分野における提携関係を今後も継続させる方針。

サブコンテンツ

↑go to top