日本エンタープライズ、中国で卸売事業子会社設立 中国テーマパーク運営体制強化

凱蒂猫家園 スマホアプリの開発などの事業を手がける日本エンタープライズ株式会社【4829】は、中国向け卸売事業などを行う子会社「NE銀潤株式会社」を設立すると、2日発表した。

 日本エンタープライズは、中国の現地子会社を通じて、モバイルコンテンツ配信・携帯電話販売ショップ運営・中国進出を図る日本企業や日本企業との協業を図る中国企業に向けたコンサルティングなどの事業を行っている企業。これら3つの事業で培った中国における豊富な業務知識と人脈の強みを活かし、不動産開発・インフラ整備などを手掛ける銀潤控股集団有限公司とサンリオとのライセンス契約によるテーマパーク「凱蒂猫家園(ハローキティパーク)」開園実現へ向けて、日本エンタープライズがコンサルティング業務を提供してきた。その結果、2015年7月に中国浙江省安吉県でグランドオープン。今後、凱蒂猫家園(ハローキティパーク)の運営体制を強化するため、NE銀潤株式会社を設立するに至った。年間100万人の来場を目標にしている。

 NE銀潤株式会社では、凱蒂猫家園(ハローキティパーク)で販売する商品のうち、 サンリオキャラクター商品の日本からの輸出やオリジナル商品の開発サポートをするとともに、モバイルを軸としたIT活用によるテーマパーク運営と事業開発支援を事業の柱とする。

 子会社の設立は2015年10月を予定している。

サブコンテンツ

↑go to top