大塚製薬、スペイン大手の健康食品企業買収 欧州全域への事業展開加速

大塚製薬 医薬品・食料品の製造販売を手掛ける大塚製薬株式会社は、子会社のニュートリション エ サンテ社(N&S社)がスペイン大手の健康・機能性食品を製造販売するBICENTURY(ビセンチュリー)社の全株式を取得する契約を5日に締結したと、7日発表した。スペインでの製造販売を強化するとともに、欧州全域への事業展開の加速を図る。

 BICENTURY社は1980年に設立して以来、「正しく食事をとることは健康と美につながる」という信念のもと、スペインで主にダイエット食品を製造販売してきた。シリアルバー製品や朝食代替用パフ状食品など、スペイン国内に多くのダイエット食品が展開されている。

 今回の買収により、N&S社は重要な市場であるスペインでの展開を強化することができると考えており、BICENTURY社の工場を欧州の生産拠点の一つとして欧州全域への事業展開加速の計画を立てている。また、スペインのスーパーマーケット市場において、ダイエット食品分野のリーダーとなれるという。

サブコンテンツ

↑go to top