作業工具などのTONE、台湾に子会社を設立 収益確保へ

tone 作業工具などを手掛けるTONE株式会社【5967】は、台湾に子会社「利根股份有限公司」を設立することを決議したと、8日発表した。子会社設立により、収益機会を確保いくとしている。

 TONEは機械・自動車向けプロ用作業工具、建築・土木・産業用動力工具、トルク管理機器の開発・製造・販売などの事業を展開している企業。創立以来プロが愛用するものづくりを推進しており、プロ用作業工具からトルク管理機器やボルト締結機器へとフィールドを広げてきた。現在はこれまでの製品の強みを融合したボルディング機器という新分野への開拓も行っている。

 今回の子会社設立は、TONEのグローバル展開・戦略の構築の施策の一環として行うもの。これにより収益機会を確実に捕捉することを目指す。子会社は、「利根股份有限公司」という商号で、2015年12月1日に台湾の台南市に設立する予定。利根股份では、作業工具類や機器類の製造販売を主な事業とするとのこと。

サブコンテンツ

↑go to top