日産、トルコの日産オートモーティブ社を完全子会社化 日系自動車ブランドのトップへ

nissan 大手自動車メーカーの日産自動車株式会社【7201】は、トルコ現地で車両販売を行う日産オートモーティブ社(NOAS社)の株式がトルコ規制当局の承認を経て、NOAS社の前株主である住友商事【8053】から日産に譲渡され、NOAS社を完全子会社化したと、9日発表した。今後、トルコで飛躍的な成長を目指す日系自動車メーカーとして、トルコでの販売事業を直接統括していく

 世界最大の自動車市場トップ20の一つであるトルコ自動車市場で、日産は将来トルコの自動車需要は年間100万台の規模に成長すると見込んでいる。そのため、トルコで車両販売を行うNOAS社を完全子会社化することで、日系自動車ブランドのトップになることを目指す。

 NOAS社のトルコ事業を統括するマネージングダイレクターに、シナン オズコック氏が就任。現在45歳のオズコック氏は、トルコ最大のディーラーネットワークを統括するなど、長年に亘ってトルコ自動車市場で重要な役割を果たしてきた。

 

サブコンテンツ

↑go to top