サンゲツ、ウェーブロックHDの株式取得 仕入体制強化

sangetsu インテリア専門商社の株式会社サンゲツ【8130】は、ウェーブロックホールディングス株式会社の株式を取得して持分法適用会社とすると、9日発表した。今回の株式取得によって仕入体制を強化していく。

 サンゲツは、事業戦略の再構築の一環として、仕入先とのアライアンスの強化を重要な施策として位置付けている。一方ウェーブロックHDの子会社であるウェーブロックインテリアは、国内の塩ビ系壁紙製造のリーディングカンパニーである。また、サンゲツにとってウェーブロックインテリアは塩ビ系壁紙を供給する主力仕入先の一社であるため、関係が深い。

 サンゲツは、ウェーブロックインテリアと長期安定的な取り組みを拡充することにより仕入体制を強化できるとして、今回の株式取得の合意に至った。さらに、ウェーブロックHDの企業価値向上も図る考え。今後、アライアンス強化に加え、その他の事業基盤の整備、事業戦略の再構築を実行していく。

 株式取得日は2015年10月中旬を予定している。取得株式数は247万株で、異動後22.2%の割合でサンゲツはウェーブロックHDの株式を所有することになる。

サブコンテンツ

↑go to top