極楽湯、海外3号店を中国武漢市に出店 事業展開加速

極楽湯 スーパー銭湯「極楽湯」などを運営する株式会社極楽湯【2340】は、海外3号店となる温浴施設を中国武漢市に出店することと、3号店の出店に伴って出店準備や運営を行なう子会社を設立すると、13日発表した。出店と子会社設立によって、中国での事業展開の加速を目指す。

 極楽湯は、2013年2月に海外1号店となる「極楽湯碧雲温泉館」を中国上海市浦東新区に出店し、さらに2015年2月に海外2号店となる「極楽湯金沙江温泉館」を中国上海市普陀区に続けて出店している。海外でも日本と同様の高いレベルの水質管理や衛生管理を重視した施設運営を行っており、日本特有のきめ細やかな接客などのサービスを提供することで、高い支持を得ている。

 今回の3号店の出店は、中国での事業展開をさらに進めるべく、合意に至ったもの。出店するにあたって候補地を継続的に情報収集を行ない、出店条件を含む各種情報を精査・検討した結果、中国武漢市が選ばれた。2016年の夏に開業する予定。また、3号店の出店準備や運営を円滑に進めることを目的として、子会社を出店先と同様の中国武漢市に新設する。子会社は「極楽湯(武漢)沐浴有限公司」という商号で、2015年12月に設立するという。

サブコンテンツ

↑go to top