サービスの流れ

service

 

 大きく分けて4つのステップがあります。弊社との相談、買収企業との交渉、買収企業との契約、M&A後の活動です。これらのステップを踏むには、一般的に3~12ヶ月の期間を要する場合が多いと言われています。

Step1 相談
 まず経営者がM&Aをするか判断し、仲介機関と契約を締結することから始まります。その後個別相談を行い、M&Aの目的・事業・規模・業績・成長・強み等を考慮して、買収企業の候補を出していきます。

Step2 交渉
 続いて買収企業にM&Aを行うよう交渉を進めていきます。はじめはノンネームで譲渡企業の企業名を伏せて行い、M&Aへの意向があれば秘密保持契約締結後に企業名を出して(ネームクリア)具体的な交渉へと移ります。そして双方の経営者の顔合わせなどを実施し、綿密にM&Aの内容を固めていきます。

Step3 契約
 その後、M&Aの基本合意契約書の締結をし、その範囲に基づいてデューデリジェンスを行います。この作業は、たいてい買収する側が委託した監査法人や弁護士が、相手方の企業に出向いて1週間程度の時間をかけて行います。そしてその結果を元に最終譲渡契約書を締結し、譲渡対価の決済および株券や会社代表印の引渡しなどをすべて完了させます(クロージング)。

Step4 その後
 その後、双方の企業の人・物・金の融合を図り、従業員・得意先・仕入先・メインバンク・プレスなどに対しディスクロージャーします。これでM&Aのひと通りの流れは終了です。

サブコンテンツ

↑go to top